Hirezake (ひれ酒)



My foreign friend I went to a local izakaya (Japanese-style bar) last night. We drank hirezake, so I’m going to talk about that.
昨夜は外国人の友達と地元の居酒屋に行きました。その時ひれ酒を飲んだので、それについてレポートします。

Hirezake is a type of atsukan, and atsukan is warmed sake. Atsukan smells good and is popular in winter. Hirezake is atsukan that has a fish fin in it.
ひれ酒とは熱燗の一種で、熱燗とは温めた日本酒のことです。熱燗は香りがよく、冬に人気があります。ひれ酒は魚のひれが入った熱燗のことです。

😳

Don’t worry. The fin is not raw. Even us Japanese people are not strange enough to put raw fish in sake.
ご安心ください。ひれは生ではありません。いくら日本人でも生の魚を日本酒にぶち込むほど物好きではありません。

The fin is slightly grilled, and the unique and savory smell permeates the sake. You know, a fish only has two to four fins (their sides, back and chest), so hirezake is considered to be a bit luxurious. Many izakayas serve atsukan, but only some of them serve hirezake.
ひれは軽く炙られたもので、その独特で香ばしい香りが日本酒に溶け込むのです。ご存知の通り、魚は2つから4つ(両脇、背中、胸)しかひれがないため、通常ひれ酒はちょっと贅沢なものとされています。多くの居酒屋が熱燗を提供していますが、その一部しかひれ酒は扱っていません。

The hirezake we enjoyed contained the fins of a fugu (puffer fish). That’s why I think it was a bit expensive... It was amazing anyways!
私たちが楽しんだひれ酒のひれはフグのものでした。だからちょっと高かったのだと思いますが……それはともかく、素晴らしかったです!

In addition, since it is a local bar, my friend was able to talk to the chef, staff and other customers and practice having conversation with locals. In Japanese, of course. Don’t forget, even Japanese people feel like it's difficult talking to strangers, and many people here feel afraid if someone starts talking to them in a foreign language!
加えて、地元の居酒屋だったので友達はシェフやスタッフ、他のお客さんと話すことができ、ネイティブな会話の練習ができました。もちろん日本語で。忘れちゃいけませんが、日本人でさえ都会では知らない人と話すのが難しいし、多くの人は外国語で話しかけられたら恐怖を感じますからね!

Top